【僕の山ノ上村孕ませ日記】

 

僕の山ノ上村孕ませ日記
haramase-nikki

▲無料画像はこちら▲
「孕ませ日記」で検索♪

著者:甲斐ひろゆき


稲葉純の父親の海外赴任が決まった日。
純は10年も海外に行くなんて嫌だと頑なに反抗しました。

最期は両親も折れてくれて、純は田舎の爺ちゃんのうちに預けられることになります。
(都会を離れるのはイヤだけど、日本語が通じるだけましか・・・)

ところがついてみると、そこは超ド田舎。
爺ちゃんはコンビニがないだけだというけど、都会には無人駅もクマ遭遇注意の看板もありません。
不安になっていると、道端の畑で仕事をしている巨乳美人に遭遇!?

その巨乳美人は畑中律子さんといって、純より少し年上のようです。
爺ちゃんのいいつけで律子の手伝いをすることになった純。
「それじゃあ、よろしくね、純君♪」
作業中も律子のおっぱいが気になって仕方ありません。

作業が終わった後、律子は「ご褒美よ」と言ってキスしてくれたのです!
律子は純がおっぱいばかり見ていたことに気づいており、そのままパイズリをしてくれたのです!!

「ふふ・・・遠慮しないの♪」
「大好きなおっぱいでイカせてあげる」

そのまま律子のおっぱいでイってしまう純。
律子はドロドロになったおっぱいのまま
「こっちはもっと気持ちイイわよ」
なんてい誘ってきて・・・!?

僕の山ノ上村孕ませ日記
haramase-nikki

▲無料画像はこちら▲
「孕ませ日記」で検索♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket