【お嬢様、風俗研修のお時間です。】没落したお嬢様が風俗に売られて慰み者に!?

 

お嬢様、風俗研修のお時間です。
huzoku-kenshu

▲無料画像はこちら▲
「風俗研修」で検索♪

著者:加画都


「ほ・・・ホントにやるの・・・?」

天城流華は大企業の令嬢で超がつくほどのワガママお嬢様。
ところがある日父親の企業が倒産してしまい、借金まみれになってしまいます。

流華は借金のカタに風俗店に売られてしまい、そこで男たちの慰み者をしろと命令されます。
しかし、世間知らずでワガママな流華は断固拒否して、風俗店の店長をケリ倒してしまいます。
店長は「この場で犯してやる!!」と襲ってきますが、それを止めたのがオーナーと呼ばれる老人でした。

流華ほどの跳ねっ返りはどうせ客に出せないということで、流華の執事であった主人公に流華を一流の風俗店にして見せろと命令します。
逆らえば流華がどうなってしまうか判ったものではないので、しかたなく了承する主人公ですが・・・

主人公に与えられた期間は1週間。
その間、流華と主人公は地下室に監禁され、風俗プレイの接客方法を教えないといけないのです。
「ちょっと・・・悠斗・・・?」
エッチなんてしたことがない流華のカラダを隅々まで調教し、一人前の風俗嬢に教育していきます。

「ひゃぁあ・・!!」
初めての挿入や、ローションプレイに流華のカラダは感じまくり!?

お嬢様、風俗研修のお時間です。
huzoku-kenshu

▲無料画像はこちら▲
「風俗研修」で検索♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket