【夏のオトシゴ/アイスピック】清楚な女の子がヤリ手の魔の手に落ちて悲惨な目に!?

   2016/10/21

夏のオトシゴ

▲無料画像はこちら▲

著者:アイスピック


清楚な女の子・一之瀬さんはある夏の日に好きだった男子生徒と結ばれます。
natsu-oshigoto_2
初めてセックスをしてからどんどん可愛くなっていく一ノ瀬さんを他の男たちが見逃すはずはありませんでした。

学校でもヤリ手の体育会系DQNの男も一ノ瀬さんに眼をつけ、何とかしてオトそうとします。
男は一ノ瀬さんがコンドームを持っていることを見つけると、それを言いふらすと脅迫してきます。
可愛くなったとはいえ、経験の浅い一之瀬さんは簡単に魔の手に落ちてしまいます。
家に連れ込まれ、服を脱がされる一之瀬さん。
natsu-oshigoto_3
男は最初は優しく、一ノ瀬さんをリードしますが・・・途中から自分のペースでガンガンセックスを始めるます。
「わたし・・・こんなはしたない恰好で・・」
natsu-oshigoto_4

バックから男に突かれて喘ぎ声をあげる一ノ瀬さん。
ウブな一ノ瀬さんガヤられまくりで肉便器化してしまいます。
好きでもない男に寝取られ、身体を好き勝手に弄ばれる一之瀬さんがエロいです。

一ノ瀬さんの巨乳や身体のラインがしっかりと描きこまれており、おすすめのエロ漫画です。

夏のオトシゴ

▲無料画像はこちら▲


夏のオトシゴ感想

アイスピックさんの純情系エロ漫画です。
ヒロインである一ノ瀬香奈さんはもともとは地味~な女の子です。
眼鏡と長い髪で顔を隠していたりします。

しかし、山岡太郎に告白されて付き合うことになります。
(ちなみに山岡太郎も結構地味系だったりします)
最初のうちは学校でも付き合っていることは秘密にして近所の神社で会ってたふたり。
このあたりは、なんというか青春って感じがします。

神社の境内に座ってデートに誘うタイミングを見計らう太郎。
ようやく次の日曜に隣町でデートする約束を取り付けます。

このまま地味なりにイチャイチャデートをするのかと思ったら・・・
初デートに臨むことになったその日、一ノ瀬さんは思い切ってイメチェンをします。
ネガネをコンタクトに変えて、髪も切って、可愛いワンピースを着た一ノ瀬さん。

あまりの変わりようにちょっとびっくりです。
太郎に「かわいい」と言われて、照れてしまう一ノ瀬さん。
ヤバイです、破壊力満点の可愛さです。

この日は健全なデートで終わってしまいますが、お互い確実に一歩踏み出した感じですね。
その日のうちにエッチしなかったのは、何と初々しくていいです。

その1か月後・・・
遂に一ノ瀬さんが太郎の家に遊びに来ます。
もちろん、両親は不在。
遂に初エッチをしてしまう一之瀬さんと太郎
「いいよ、そのまま好きなように・・・動いて・・・」
初めてで痛いはずなのに、太郎のことを想ってくれる一ノ瀬さん。
終わった後も「大好きだよ」と言って微笑んでくれる一ノ瀬さんがエロいし可愛いです!!

ところが夏休みも終わって2学期に入ると、一之瀬さんはクラスの男たちに目を付けられてしまいます。
それまでは地味~な子だったので、他の男も相手にしていなかったのですが、初デート以来日増しに可愛くなる一ノ瀬さんは男たちの興味の対象となってしまったのです。

男たちに注目されているとは夢にも思わない一ノ瀬さん。
そんなことより早く帰って、あの神社で太郎とおしゃべりがしたかったのです。

講義が終わるとさっさと帰ってしまう一之瀬さんですが、ここで致命的なミスを犯してしまいます。
机の中のポーチを鞄に入れ忘れてしまったのです。
しかも、ポーチは机から滑り落ちて床の上に落ちてしまいます。

実はこのポーチは一ノ瀬さんの大事なもので、太郎とのプリクラや、エッチする時のためのコンドームが入っていたのです。

(今日も・・・しちゃうよね・・・)
エッチな事を考えながら神社に向かう一ノ瀬さん。
そこにクラスの藤池が追い付いてきます。

藤池は一ノ瀬さんのポーチを届けに来てくれたのです。
が、ポーチの中身を知っている一ノ瀬さんの顔は真っ赤です。
(中、見られてないよね!?)

ところが、藤池は一ノ瀬さんの淡い期待をぶち壊すかのように”あるもの”を取り出します。
「これ、なに?」
藤池が手にしていたのは、コンドームと太郎とのプリクラ。
しかも、これをネタにクラス中にばらすと脅してきます。
「普段おとなしそうな二人が陰でこんなことヤってるってしれたら・・・?」
「最悪、先行にも呼ばれて面倒なことにでもなったら・・・」

コンドームと写真をネタに一之瀬さんを脅す藤池。
「わ、私の事は・・・どうなっても構いません」
「でも・・・山岡君まで巻き込むのは、やめてください。お願いします」

正直、藤池の脅しはかなり幼稚でアホっぽいのですが、太郎に迷惑がかかることを恐れた一ノ瀬さんは脅しに屈してしまいます。
太郎のために涙ながらに許しを請う一ノ瀬さんが正直可愛いです。

結局、藤池はそのまま一ノ瀬さんの部屋にあがりこんでしまいます。
ベッドに一之瀬さんを押し倒す藤池。
たぶん、まだ太郎すら入ったことのないベッドに藤池が入ってきます。
(実は一ノ瀬さんはまだ太郎の家で1回セックスしただけなのです)

いきなりキスをして、制服を脱がし始める藤池。
太郎とは違うねっとりしたキスや愛撫に一之瀬さんは思わず反応してしまいます。

おっぱいを舐められただけでイってしまう一ノ瀬さん。
藤池にそのことを指摘され、必死になって否定しますが、アソコはぐしょぐしょです。
一之瀬さんを抱きながら、太郎との比較をする藤池。
かなり鬼畜な方法ですが、ウブな一之瀬さんには効果抜群です。

愛撫と言葉責めがかなり効いてきたところで服を脱ぎ始める藤池。
一之瀬さんはその巨根を見せられて驚いてしまいます。
(本当に・・・ごめんなさい山岡くん)

心の中で太郎に謝る一之瀬さんですが、視線は藤池の巨根に釘付け。
しかも、心なしか発情したような表情です。

そのまま藤池にハメられる一ノ瀬さん。
あまりの太さに簡単にイってしまいます。
ここからは完全に藤池のペースです。

一之瀬さんは好き勝手に動きまくる藤池に翻弄されっぱなしです。
「俺とつきあおうよ」
藤池は一ノ瀬さんをハメならがそんな提案ばかりしてきます。

ガンガン突かれて頭の中が真っ白な一ノ瀬さん。
「お断り・・・します・・・っ!!!」
必死に拒絶するのですが、カラダは半分墜ちかけています。

それでも、なかなかオチない一之瀬さん。
藤池はしびれを切らしたのか、ゴムを外し始めます。
まさかと思ったら、生で一ノ瀬さんに挿入してきたのです。
そのままナカにたっぷり注ぎ込んでくる藤池。

一之瀬さんはどうすることもできません。
それどころか、中出しされる瞬間に藤池の肩に手を回していたりします。
多分、ここで完全にオチましたね。

そのまま帰ってしまう藤池。
残された一之瀬さんは・・・

タイトルが「夏のオトシゴ」というくらいなので、多分この中出しでできちゃったんでしょうね・・・
藤池が返った後に中出しされた精液をぬぐう一ノ瀬さんがマジで可哀想です。

夏のオトシゴ

▲無料画像はこちら▲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket