【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。/鳩こんろ】ボロアパートの床が抜けて女の子が降ってきた!そのままずっぽし挿入!!

   2016/11/02

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
oneechan-tomodati-seiteki_5

▲無料画像はこちら▲

著者:鳩こんろ


高卒フリーター相川壮介は毎日のようにバイトでこき使われてへろへろ。
それでも食っていくだけで精いっぱいでボロアパートに住んでいます。

唯一の癒しは若くて可愛い大家さん。
彼女と話すことだけが壮介の生きがいだったのですが・・・
ボロアパートで寝ていると毎日のように上の階から騒音がしてきます。
あまりにうるさいので怒鳴り込んでみると、住人は可愛くて(しかもエロい)お姉さん。
タンクトップにショートパンツというエロい恰好で必死に謝ってきます。
彼女は女優を目指していて毎日部屋で練習しているのだとか。

文句のひとつも言ってやろうと思っていた壮介ですが、彼女が可愛かったので思わず許してしまいます。
それどころか、練習なら仕方ないと騒音にお墨付きを与えてしまいます。

部屋に戻ってから自分のしたことにばからしくなる壮介。
仕方がないので彼女のエロいおっぱいでも想像して抜こうと思っていたところ・・・

onnnanokogaotitasakiha_1

場所は変わって女優を目指すお姉さんの部屋。
頑張って振付の練習をしていたのですが、なんといってもここはボロアパート。
毎日の練習に床が耐えきれずに、遂に床が抜けてしまいます。
1階に真っ逆さまに落ちるお姉さんですが・・・

落ちた先はちょうど壮介が抜こうとしていたのです。
お姉さんにとって不運だったのは、練習のためにショートパンツしか履いていなかったこと。
壮介の真上に落ちたお姉さんはそのままアソコに壮介の肉棒が挿入されてしまいます。

舞台の練習で身体が火照っていたお姉さんはそのまま壮介のモノを受け入れてしまいます。
壮介も抜こうとしていたところにお姉さんが降ってきて、しかも挿入してしまったものだから即本番!!

お姉さんもあまりの気持ちよさに抵抗できずにセックスしてしまいます。
そのままエッチを続ける二人ですが・・・

onnnanokogaotitasakiha_2
onnnanokogaotitasakiha_3

実はこの後、可愛い大家さんが壮介の部屋に飛び込んできます。
しかも飛び込んできたタイミングが最悪で、壮介が女の子に中出しした直後。

大家さんにしてみれば、自分の管理するアパートでものすごい音がしたので確認するのは当然なのです。
それに、大家さんは壮介のことが密かに好きらしいのです。
その壮介の部屋ですごい音がしたので大慌てで言ってみれば、落ちてきた女の子とセックス中。

ショックのあまり逃げ出してしまう大家さんの気持ちもわかります。
それでも何とか誤解を解こうとする壮介。

一応大家さんも納得してくれたようなのですが、その後の事後処理で驚くべき提案をされます。
それは部屋の修理が終わるまで大家さんと同棲するというもので・・・!?

これはもしかして大家さんのエッチOKのサイン!?
続きはこちら

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
oneechan-tomodati-seiteki_5

▲無料画像はこちら▲

鳩こんろさんの大人気エロ漫画「女の子が落ちた先は」は12話まで公開中です。
落ちてきた女の子だけではなく、大家さんとのエッチも満載♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket